浮気相手と自分で交渉して、慰謝料をとってやりました。ざまぁみろです。

自分で慰謝料請求

こんにちは、柊探偵です。

過去、自分で夫(妻)の浮気相手に直接会って慰謝料の交渉した方が何人もいましたが、実は上手くいった方はごく少数です。

今回は、以前調査して浮気の証拠を掴んだ奥さんが、ご主人の浮気相手と直接話したときの話です。

奥さんと浮気相手との交渉

浮気相手の勤務先は特定していたので、奥さんは浮気相手の終業時間に合わせ、駐車場で待ち伏せしていました。

浮気相手が数人の同僚と出てくるのが見え、奥さんが浮気相手に近づき声を掛けます。

奥さん「○○だけど、××さん?ちょっと話があるんだけど時間いいかな?」

浮気相手「いったいなんでしょうか?」

かなり高圧的な態度で返してきます。

奥さん「ここではよくないでしょうから、場所を移動しましょうか?」

浮気相手「いや、ここでいいんだけど。」

面倒くさそうに答えます。同僚も少し距離を置き、聞き耳を立てています。

奥さん「本当にいいの?じゃあ、うちの旦那と浮気してるよね?証拠もあるから。」

すると相手は突然焦りだし、

浮気相手「ちょっと待ってください。話はちゃんとお聞きしますので場所だけ変えてください。」

と、態度が急変し軟化しました。

そして、2人で近くの喫茶店に移動して話をします。

奥さん「探偵に頼んで、ホテルの証拠もちゃんとあるし、もう全部わかってるから。」

浮気相手「本当になにもしていません。」

奥さん「あっそ。じゃあ裁判しかないね。」

浮気相手「ちょっと待ってください。裁判は勘弁してください。」

奥さん「じゃあ慰謝料300万払うことと、旦那と別れることを約束できる?」

浮気相手「300万!?それは無理な金額です。もう少し安くしてくれませんか?」

奥さん「いや無理。最初に認めて謝ったら多少は考えたかもしれんけど。」

浮気相手「本当にすいませんでした。でも300万は本当に無理です。」

奥さん「じゃあ、あんたの旦那にも話して、払うように言ってみるわー。」

浮気相手「ちょっと待ってください。それだけは本当に勘弁してください。」

奥さん「いや無理。払えんのんなら裁判。」

浮気相手「・・・・・わかりました。なんとか用意するんで、夫には言わないでください。」

奥さん「旦那に言うかどうかは、あなた次第だから。」

 

このようなやり取りになったそうで、後日、浮気相手の女性は、すぐに300万円を払ったそうです。

ご主人ともすぐ別れたようで、家で大人しくしているとのことでした。

 

奥さんは、「すんなりいってほっとしましたが、何回も頭の中で練習しましたよ。でも、いざとなれば証拠があるので、強気にいけました。」と言われていました。

かなり上手くいった例なので、このようにスムーズに話がつくことのほうが珍しいです。

柊探偵事務所の浮気調査の事例ブログについて

同じような状況の方がいるという事で、少し安心される方もいますし、これから先をどうするか迷っている方は、とても参考になりましたと言われます。

これは、今までに依頼をされた方が、「自分の体験が、みなさんの参考になるのであれば、ぜひ。」ということで、その後の経過まで報告して下さるおかげだと思っています。

※案件の特定ができないように、一部内容を変更しています。